5月になりました。

5月になりました。皐月は、耕作を意味する古語「さ」を語源とし、稲作の月として「さつき」となったと言われています。また、早苗を植える月、「早苗月」から「さつき」となったという説もあるようです。早苗の「さ」も耕作の「さ」が語源とされているそうです。漢字の皐には「神にささげる稲」という意味があることから、この漢字が使われているとのことです。奈良市内でもここ数日で、郊外にある田んぼに水が張られ始めました。農作物と同じで、何事にも適した旬があり、そこを外すと立派な実をつけることができません。新年度が始まりひと月。この時期にしかできないこと、やらなければならないことを時期を逃さず取り組まねばと思います。今月もどうぞよろしくお願いします。koinobori